ユーザ用ツール

サイト用ツール


田村ゆり

田村ゆり

基本情報

tamura.jpg
本名 田村ゆり(たむらゆり)
あだ名   田村さん ゆり ゆりちゃん
英語表記 Yuri Tamura
初登場   喪69
肩書き   高校生
家族  不明
所属 原宿教育学園幕張秀英高等学校
2年4組
修学旅行4班
3年5組
名前の由来 田村龍弘

概要

原宿教育学園幕張秀英高等学校の女子生徒で黒木智子の2・3年次のクラスメイト。黒髪のおさげが特徴で、常にイヤフォンで音楽を聴いている。田中真子と親友。性格は淡白で、親友の真子以外の人物に対しあまり感情を露わにすることがなく、必要以上に誰かとつるむ事もしないので友達は少ないが、後述の喪115(後編)、喪117、喪123のように気遣いのできる人物でもある。その一方で、喪112や喪124などではラフな言動も見られる。

登場人物の中では一見普通の人に見えるが、喪112でチョコを作る際余り物を使ってしまおうと提案したり、喪114で智子からうんこ型のチョコを吉田さんにあげようか相談された際も「大丈夫だと思うけど」と答えたり等、普通の人からすると若干ずれた感性を持っている。また、普段の行動から周囲の人に誤解を与える場合もある(喪118岡田茜喪123小宮山琴美喪126喪132根元陽菜等)。

智子の側から見るとLINEを交換する、昼食に誘われる、一緒に下校する、友チョコを貰う等、高校に入って初めてできた友達である。

前述通り、普段は感情を露わにすることがなく表情にも乏しいが、自身が面白い(喪117「知らない顔」)・嬉しい(喪122)と感じた時には自然と笑顔になれる。ただ、何らかの理由で親しい者以外には笑顔を見せることを好んでいない様で、その時はあわてて誤魔化してしまう。但し感情的になると形相が変わり、暴力をふるう事もある(後述の喪124、喪126)。

2年時は真子とともに何らかの委員会に入っていたことが喪95のセリフから分る。

修学旅行前

初登場喪69では修学旅行の班分けのことで真子と喧嘩をしていた。荻野先生の計らいで黒木智子・吉田茉咲内笑美莉と同じ班になる。 真子と別々の班になり、班長の智子から旅行の事で相談を受けた時は、イヤフォンを付けたまま智子の方を向かずに「別になんでもいいよ…」となげやりな返事をして半ばふてくされた態度を取っていた。

修学旅行中

1日目は班のメンバーと積極的に交流を持とうとしなかった。真子に対して怒りも収まっていない様子だった。

2日目喪74で班行動中、度々智子と吉田さんが険悪となり仲裁しているうちに二人に興味を持つようになる。 その際、「黒木さんって凄いバカってことだな」と智子の行動を一歩引いた目で見るようになる。 夜に真子が訪ねてきた時には仲直りしている(喪77)。この時真子から3日目は一緒に行動しようと誘われ、何かを言いかけるが智子と吉田さんとで一悶着ありうやむやになっている。

3日目喪79の自由行動時では一人になったと誤解して先に出かけてしまった智子と合流し、以後共に行動するようになる。また智子と連絡先を交換をしている。

修学旅行後

旅行後は登校時に智子や吉田さんに興味を持ち、交流を深めていく。

喪95では登校時に智子の自販機の釣銭を漁ってた際の言い訳を聞き、「もう黒木さんのことはわかっているから」と返しており、智子の性格、行動を理解するまでに至っている。

喪99では最後のコマで智子、真子から届いたメッセージを見てお互いの事を全然わかってなさそうと分析している。

喪112では智子から真子からの友チョコについて相談を受け、お返しのチョコを一緒に作る事になる。そこで自分の作ったチョコ「友…達はするんでしょこういうの?」と言いながら智子に渡す。

智子と吉田さんが険悪な状況の時は仲裁をする、喪115(後編)で何かを察して智子にティッシュを渡そうとする真子を制止する、喪117内笑美莉が(仮病ではあるが)「足がしびれて動けない」と言った時は肩を貸す等している。

智子と吉田さんと交流を深めるにつれ、真子を含めて大切な親友と思うようになり、クラス替えで別々になる寂しさから喪120では少しでも一緒にいたいと思うようになる。

3年の田村ゆり

3年の始業式の日(喪122)には3人の友人たちと同じクラスになった事を一人喜ぶが、彼女らの前では「いや別に夢じゃないから」とクールに振る舞っている。

喪123では黒木智貴が3-5に弁当を取りに来た際に智貴から自己紹介を受け、智子が弟が来る事を楽しそうに話してたのを思い出し、二人を合わせるべく帰ろうとする智貴の袖を掴んで引き止める。その時の様子を小宮山琴美に見られ、琴美に心の中でメスブタ呼ばわりされる。

喪124では智子と成瀬優が「もこっち」「ゆうちゃん」と呼び合ってるのを見てゆりと智子しか知らない修学旅行中の話をしてしまい周囲を困惑させる。見かねた真子にトイレに呼び出されその様子を南さんみたいと告げられると怒って真子の腕を叩いてしまう。帰り際に真子が成瀬優について「すごくいい人だね」と感想を述べたのに対し、「そうだね、私や黒木さんと違って」と返答している。。

喪125では一旦別れた吉田さんと再会し、彼女の顔が腫れているの見て心配する。その様子を見ていた根元陽菜に吉田さんと友達であると認識される。

ジェットコースターのような乗り物が苦手であるが、恐怖で目を瞑ったり降りた後も顔を蒼ざめながらも2度も一緒に乗っている。喪129でも、スタージェットのような乗り物に乗った後ベンチで休んでいる描写がある。またスプラッシュコースターで前の席で智子とネモがあだ名で呼び合っているのを目撃した際はネモをもの凄い形相で睨んでおり、隣のうっちーの腕を抓っている(余程の力だったのか、コースター落下の際にうっちーは泣き叫んでいる)。その後智子に「ねぇ、ねぇ」と呼びかけられた際には「私の名前『ねぇ』じゃないけど?」とキレた顔で返答している。(喪126

喪127ではコワリィッチに質問される事を恐れてか震えている。智子が狸寝入りでやり過ごそうとするのを見て、智子ならそうするだろうと感じ取り、それに倣うことにする。 「唄っていない観客」をコワリィッチがターゲットに選んだ事で、覚悟を決めた智子が手拍子をしながら唄い出したのを見て「ずるい、抜けがけした」と感じ、智子は自分と違ってこういうことができる人なんだと考えながらうつむきがちになるが、それに気付いた智子がゆりの左腕を掴みながら「嘘でいいからやれ!」と言われ歌に参加する事になる。 最初は恥ずかしがってなかなか声が出なかったが、智子からのゲキもあってか、やがて自然と手拍子しながら唄える様になっていく。 (この時真子はゆりがはしゃいでいる姿を見るのは初めてだと思っている。) 歌いきって指名を回避できたかと思えたが、特に元気よく唄っていたのが印象的だったのかコワリィッチから指名される。コワリィッチに話しかけられ名前は伝えたものの、そっけない対応をしてしまう。 アトラクション終了後、智子に「黒木さんのせいで大変な目にあった」と話したが、智子からは「お前が…」と反論される。そこに上機嫌で2人の間に割って入ってきた吉田さんからも「お前ら」と話しかけられ、その呼び方に何かを感じている。智子に自分の名前を問いかけ、「ゆりでしょ?」との返答を受け、智子のお陰で吉田さんが楽しそうにしており、自分のためにやってくれたことにも感謝の意を伝え、「じゃあもういいや」と明るく振る舞う。

喪128では吉田さんから夜のパレードの参加を提案され、「遠足(午後)4時で終わりでしょ?」と指摘する。吉田さんが「そんなの再入場に決まってんだろ!!」主張すると「え!?」驚く。それを受けて「入らないのか?」と寂しそうな吉田さんに真子とともにフォローする。その他の行動は、智子と根本陽菜がハートポーズの写真を撮っているのに気付いた際はクマの左腕を握ったり(クマは痛がっている)、南小陽が一人で寂しそうに歩いているのを目撃している。

喪129では一人で寂しそうにしてる南さんを心配そうに見ている真子に「行けば」と促している。 その際真子に「ゆりも」と誘われるが断っている。 この状況を見ていたうっちーから「いいの?」と問われるが、「私は仲良くないから」と返答している。 その後うっちーが雌猫の間グループに戻る際雌猫(三つ編み)から「田村さんも来る?」と誘われるが、「待たせている人がいるから」と誘いを断りうっちー達を見送る。 その後一人になり、ため息をついてから仲間のところに戻る。 乗り物酔いの影響か、JPN下車後にベンチに座っている。

喪130(上)では吉田友人たれ目が智子、ゆりと行動してる吉田さんを気遣ってか別れて別々に行動しようとしたところで、吉田さんにあの人たちと一緒に行ってと促し、智子と2人で行動する。2人きりになり場の雰囲気を盛り上げようとする智子の発言に対し「うん」と返事してしまうが、冗談だと気付き「……これでもう私達に邪魔は 入らないね」と冗談で返すが、「へ?」と虚を突かれた返事をされてしまい、思わず赤面してしまう。智子がごめん無理をさせてと謝るも、恥ずかしさからか智子に思わずひじ打ちをしてしまう。その際の会話で「無理してないよ」「(乗り物に)びびってないよ」と強がっている。智子の提案でmilkハントのアトラクションで遊ぶ事になる。穏やかな雰囲気の中、景色を見入ってるようであり「私はこれが一番好き」と感想を述べている。その後みやげ物店で智子からキーホルダーを貰い、嬉しそうな表情で「ありがとう」とお礼を言う。集合場所で智子がお菓子のお礼として加藤明日香にキーホルダーを渡すのを見て驚き、嫉妬のような表情を見せる。

喪130(下)ではパレードの場所取りをしようと一人で移動し待つ事にするが、その場所はパレード後の花火を観覧する場所であり後から来た根元陽菜にその事を告げられる。ネモと2人でパレード終了まで待つ事になるが、そこでネモから「私の事嫌い」と問われ「別に嫌いでもない。好きでもないけど」と答える。さらに「これからはゆりが嫌いでも絡んでいく」と宣言され、「別に嫌ではないけど」と受け答える。ネモから智子がまたキーホルダーを購入しに行った事を伝えられ「…バカだな」と答えている。その後皆と合流し花火を見る事になるが、少し離れた場所でこちらに向かって手を振る田中真子を見かける。南小陽も真子と一緒にいたがゆりに気付いていなかった。

喪131では帰りの電車でイヤホンをしているが、ネモがいる側のイヤホンを外している。また智子が加藤さんにキーホルダーのセットを渡そうとする際には冷静な表情でそれを見ている。

喪132では智子の少女漫画への見解に対し同意をして真子を驚かせている。ネモが智子を探しているのを聞き智子がいる場所に向かうが、そこで智子、吉田さん、平沢雫の3人が座っているのを見かけ、智子にネモが探している旨を伝える。その際平沢さんを一瞥するが、彼女の自己紹介を無視してしまう。その後ネモが合流し「場所を知ってるんなら教えてよー」と問われるが、「私に聞いてるって思わなかったから」と返してしまう。ネモが智子を次の日の昼食に誘い智子が了承した際には智子に「明日から私達じゃなく根本さんと食べるの?」と問いかけ、ネモがまこちゃんや田村さんも来ればとの提案に「いい」と返している。

登場回

本編外での登場

友人

黒木智子 田中真子 吉田茉咲

内笑美莉とは肩を貸したのに舌打ちされたり(喪117「密着」)、ジェットコースターで「つまらなかったー」と言われたり(喪126)で度々激怒しており、またゆりの八つ当たりではあるがうっちーの腕をかなりの力で抓って痛い目に会わせたり(喪126)等お互い仲が悪いようにも見える。しかし真子が南さんの方へ向かう際に「いいの?」と問われ、その際「私は仲良くないから」と受け答えていることから(喪129) 2人の間ではそれなりの関係が築けているようである。

根元陽菜とは喪130(下)でネモとの会話から智子を共通とした友達の友達という関係になっている。

補足

修学旅行や体育祭などで積極的に智子や吉田さんとの交流を深めようとする描写が散見されるためか、読者の間で人気が高く、各種アンケートで上位にランキングされる事が多い。

智子と行動を共にすることが多い事もあり、前述の本編外にも登場している。

研究ノート

智子との関係

当初は真子以外に友人がいないことからぼっちの気があると思われる。だが、そのぼっちの在り方が智子とは異なる。智子の場合、ぼっちを解消しようと行動を起こすが空回りをしてしまい周囲から奇異の目で見られ、その結果ぼっちとなっている。一方ゆりの場合は必要以上に誰かとつるむ事をしないのが影響し、真子以外の友達がいない状態である。現に登場回でも一人でイヤホンを付けて音楽を聞いている、智子が真子、吉田さん以外の人と会話してると、その話の輪に加わらず一人になってしまう描写を多く見かける。

智子からするとゆりと関係を築けた事で、以降周囲との関係を冷静に見直す機会が増え、嫉み、恨みといった感情が少なくなり(喪82喪97)、徐々に周囲との関係も築けるようになっていく。また智子からゆりに話しかけることが増え(喪97喪107喪112喪123「弟が来るんだ」)、ゆりの行動や発言等を意識するようになる(喪112「こいつも友達いないだけことはあるな・・・」「いいのか?」、喪124「あだ名があればいいけど、あいつ友達いないからな・・・」、喪125「こいつよく断れんな・・・」、喪127のコワリィッチのアトラクション、喪130(上)での2人きりのシーン、喪130(下)でゆりがいなくなった時)。これらの過程を経てゆりとの交友関係が深まっていく。

一方、ゆりについては智子、吉田さんとの交流で真子以外の友達もでき、智子から話を持ちかけられた事で一緒にバレンタインの友チョコを作るようになり(喪112チョコを作る過程で智子との関係を見直している「黒木さんはどう思ってるんだろ・・・」)、打ち上げに参加し(喪119吉田さんと何らかの会話をし、その結果吉田さんが打ち上げに参加する事になる)、離れ離れになる事の寂しさを覚えるようになる(喪120)。また、元来友達が少ないこともあってか智子が他の友達と親しくしていると嫉妬のような感情を見せる事がある(前述の喪124)。

このように友達になる事で、お互い欠けていた「何か」を得るような関係になっていったとも言える。

吉田茉咲との関係

吉田さんはその容姿、普段の行動等からクラス内の女子から敬遠されている節があり、その結果クラス内ではある意味ぼっちとなっている(喪69喪84喪114)。

吉田さんからすると、智子、ゆり、真子と関係を築いた事で一緒に行動することが増え(喪79喪87喪889巻おまけ等)、他のクラスメート、智貴とも会話するようになり交友関係が広まっている(喪116喪123智貴との会話(特に喪123では智貴をコゾーと呼んでいる)、喪120岡田茜との会話、喪125)。また智子らを気遣う場面も見受けられる(喪98喪115(後編)喪120打ち上げ後の帰り道)。

ゆりからすると修学旅行から吉田さんと交流を深める事でで彼女の事を十分な程理解するようになり(喪95で建物の正体を明かさなかった事、喪119のゲームセンター内の会話等)、彼女を心配して気遣うようになる(喪106成人式②、喪125吉田さんの顔が腫れているのを見て)。おそらく彼女の事も智子同様「無理して話さなくていい」気心の知れた友達であると考えている。。

このようにお互い相手に気遣いできる位の友達となっている。

田村ゆり.txt · 最終更新: 2018/04/07 23:39 by anonimo