ユーザ用ツール

サイト用ツール


2年4組

2年4組

黒木智子が2年に進級し所属したクラス。喪39から。

智子の年次の担任

智子の年次の生徒

研究ノート

生徒数について

智子1年次のクラス(10組)の生徒数は25人から30人と推定され(10組の研究ノート参照)、3年次は33人なので(5組の研究ノート参照)、2年次の各クラスも30人程のほぼ同数だと仮定すると、4組は上記のように未確定(?印)5人を含めると女子だけで既に25人がいて男女差の甚だしいクラスということになる。ところで、修学旅行の班分けは男子の会話や智子のセリフから4人1班が基本であるらしく、内笑美莉雌猫の間グループ(以下雌猫と略す)と「5人組になれなかった」為に智子の班に名前だけ加わったという(喪69)。雌猫ページの研究ノートの考察では、雌猫は内を含む6人の結束の強さが指摘されていて、とすると、内の言葉は「結束の固い6人から『5人組』を作らなければならなくなったせいで自分が外れてしまった」という意味にとれなくもなく(更に言えば、結束の薄い他の2人とも何らかの事情(後述)で一緒になれなかった)、そうだとすると5人班は例外として認められるが3人班は認められなかったということになり1)、その例外とは人数が4で割り切れなかった為に発生したと考えるのが一般的である。そこで改めて当時の4組女子の班割りを確認すると、智子班(第4班、4人)、南班(4人、根拠については南小陽の研究ノート参照)、雌猫班(第2班、5人)、ネモ岡田班(人数不明)、加藤班(同)の5班があるが、女子の総数的にも恐らくこの5班が全てであり、そこから4組女子は21人から23人が所属するものと仮定でき、更に4組女子には他に委員長グループなる5人のまとまりもあり、また、トイレで智子を誘うか相談していたグループもあるが、このトイレグループは委員長グループの一部であり、独自班結成を企てるも失敗し、結局はネモ・岡田班と加藤班と南班に分散合流したものと考えられ、これらを勘案すると、未確定生徒5人の中でサチ・ノリ・マキの誰か1人(恐らくサチ)を除いた4人は別クラスであって(前述の何らかの事情)、女子は計21人とみて大過なさそうである。一方の男子は13人前後(修学旅行では3班編制になる)であると見込まれ、板書された班分け表でも全8班編成のように見えなくもないので(喪692))、そこから4組は男女比に偏りのある34人前後のクラスだと推定される。

補足

当然ながら智子の年次以外にも4組は存在する訳で、例えば智子の1年次だと、文化祭で屋台を構えつつ「まずい」(智子談)たこ焼きを移動販売もし、なおかつ校舎に垂れ幕を掲げて何かの宣伝をしていた(喪21)。

1)
3人班が可なら結束の堅い雌猫だけで2班作ることが可能
2)
班分け表の板書(推定)
1班(女子班) 4班(智子班) 7班(男子班)
2班(雌猫班) 5班(女子班) 8班(男子班)
3班(女子班) 6班(男子班)
2年4組.txt · 最終更新: 2019/07/15 03:48 by 220.108.152.30