ユーザ用ツール

サイト用ツール


井口朱里

井口朱里

基本情報

iguchi.jpg
本名 井口朱里(いぐちあかり)
あだ名   ちん子ちゃん チンチン妹
英語表記 Akari Iguchi
初登場   喪25
肩書き   中学生 高校生
家族 
所属  中学校
原宿教育学園幕張秀英高等学校
1年10組
2年7組
変態姉妹
佐藤奏美
名前の由来 井口資仁

概要

中学生の頃から智貴に片思いをしている女子生徒。同じく智貴に片思いをしている小宮山琴美とあわせて智子から変態姉妹と呼ばれている。喪83でフルネームが判明した。

中学時代

初登場は喪25で、智貴が学校を休んだ際に紗弥加と一緒に学校のプリントを届けに来ている。

特別編4では、クラスのクリスマス会を途中で抜けて帰ろうとする智貴の背後に紗弥加と一緒にいる姿が確認できる。

高校入学後

ちん子以前

喪41では調理実習で作ったクッキーを智貴とその友人達に渡している。

頻繁に登場するようになるのは喪83からで、朱里と同じく智貴に片思いをしている小宮山さんがついた「自分が智貴の姉である」「智貴は年上が好き」という嘘により、しばらく智子と智貴の仲を疑ってライバル意識を持つようになる。またこの時の朱里の発言から、高校でも智貴と同じクラスである事が確認できる。

喪91では朱里、小宮山さん、智子、智貴が一堂に会し、嘘がばれると思ってテンパリ気味の小宮山さん、智貴を前にして緊張気味の朱里に対して、打ち解けた雰囲気で智貴と会話する智子への対抗心から「私も見てみたいな黒木くんのちんちん」と発言してしまう。これに対し智子が「あんま弟のちんちん付け回すなよ変態姉妹」と発言した事により、小宮山さんの嘘がバレると共に、これ以後小宮山さんと朱里は智子から「変態姉妹」と呼ばれる事となった。

10巻おまけではこの直後のエピソードが描かれ、朱里と小宮山さんの恋のライバル関係が成立している。

喪94では直接登場しないが、智貴が食事時の智子との会話を回想するシーンで智子が「そういや 昨日ちん子ちゃん見たぞ」と朱里に言及している。

ちん子以後

喪95では紗弥加と一緒に廊下を歩いている所に智子と出会い、先日のちんちん発言は誤解だと訂正しようとするが、朱里の恋を応援する紗弥加の暴走によって結局誤解が強化される結果となった。

喪101では小宮山さんの協力のもと図書室に智子を呼び出し再び自分のちんちん発言の誤解を解こうとするが、「智貴くんも智貴くんのあそこも好き」「自分の気持ちに嘘をつきたくない」と開き直った小宮山さんの裏切りもあり、智子と小宮山さんの二人に追及されて「私は… 智貴くんの… …が 好きです…」と言わされてしまう。

喪108では智貴から挨拶をされて浮かれる小宮山さんに出会い、その浮かれように少しイラつきながらもそのストレートな喜び様に敗北感も感じている。その後智貴から小宮山さんがどんな人かを聞かれ、はじめは小宮山さんの悪口を智貴に言おうとするが思いとどまり「すごく純粋な人かな」と答えている。

喪113では智貴にバレンタインのチョコを渡すように小宮山さんを説得し、チョコ作りから後片付け、さらにはチョコを手渡しする所まで真剣にサポートしている。なお本人はこの前の段階ですでに智貴にチョコを渡している。

登場回

本編外での登場

10巻のカバー表に登場。

友人

紗弥加とは中学時代からの友人である。しかしながら、以前からのちんちん発言からそろそろグーでいこうかと思うようになる(喪156噂)。

小宮山琴美とは智貴をめぐる恋のライバル関係であるが、喪113で小宮山さんが智貴にチョコを渡すのに協力するなど二人の関係は悪くはない。またこの時二人が携帯番号を交換している事が確認できる。

補足

名前が判明する前は一部のファンから「木炭さん」と呼ばれていた。

研究ノート

井口朱里.txt · 最終更新: 2020/07/14 23:10 by zohias