ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪145

喪145

モテないし3年のある日

基本情報

収録巻 15巻
英題

あらすじ

3年生1学期の短編回

浮かぶあの顔

通学中の満員電車内で、黒木智子宮崎さんが出会い挨拶する。その後それぞれある人の顔を思い浮かべる。

不意

駅のホームにいた内笑美莉は、入ってきた電車の車内を見て驚く。

加藤明日香は、根元陽菜を廊下に呼び出し、智子が目をケガした原因を探ろうとしたが…

3ー5メンバー

原宿教育学園幕張秀英高等学校の廊下で伊藤光黒木智貴が偶然出会った。智貴はこの機会に小宮山琴美はどんな人か尋ねてみることにしたが…

紗弥加

光と智貴が話している姿を目撃した紗弥加は、慌てて教室に戻り、井口朱里にそれを話した後、さらに恥ずかしい言葉を大声で喋り続けた。

狭間

昼休みになった。南小陽は、一人で昼ごはんを食べたくないが、他のクラスにも行きたくないので、前の席の三家さんと一緒に食べようと思ったが…

もくもく

田中真子は、いつも田村ゆりに食べてもらっているサンドイッチを、この日は吉田茉咲と智子にも食べてもらいたいと多めに作って来た。3人の感想は?

伝えたい味

小陽は三家さんから手作りのほうれん草ときんぴらをすすめられて口にした。その瞬間…

言えないこと

陽菜はゆりに、以前智子を叩いたことについて聞き出そうとしたが、ゆりは答えなかった。そして授業が終わり、ゆりと智子は二人で下校中にスマホのマンガのアプリのことが話題になった。翌日、登校中に陽菜はゆりと智子を見かけた。

登場人物

名言

多分言った!!(根元陽菜)

補足

研究ノート

外部リンク


特別編8 喪146

喪145.txt · 最終更新: 2020/02/20 20:15 by mokonymous