ユーザ用ツール

サイト用ツール


岡田茜

岡田茜

基本情報

okada.jpg
本名 岡田茜(おかだあかね)
あだ名 岡田さん 茜 茜【あー】ちゃん 凸(デコ)
英語表記 Okada
初登場 喪4
肩書き 高校生
家族 不明
所属 原宿教育学園幕張秀英高等学校
1年10組
2年4組
3年5組
朝井彩加
名前の由来 岡田幸文

概要

原宿教育学園幕張秀英高等学校の女子生徒で、黒木智子の1・2・3年次のクラスメイト。智子が考えるリア充グループのひとりで、喪124でフルネームが判明した。

特徴

基本的に前髪を上げてシュシュ(卒業式出席時のみヘアピン)で留めており、おでこを見せている(上記画像も参照)。遠足では吉田茉咲から詰め寄られた時に髪が乱れてしまったためか、それ以後は前髪を下している(喪129)。

2・3年次の担任である荻野先生を陰で「荻野」と呼び捨てしている(喪117「一緒」)ことから、彼女のことをあまり快く思っていない節がある。

1年次では、文化祭などで打ち上げができなかった代わりとしてクリスマス会を企画した中心人物となり、クラスにプリントを配り出席を呼び掛けていた(特別編2)。

運動が得意な様で、1年次の自己紹介(喪39での回想)によると中学時代は千葉西中のバスケ部に所属していた。高校時代はクラブには所属していない様子だが体育祭での50m走では一着になり、根元さんに「まだ結構走れたわ」と発言している(単行本9巻おまけ「タッチ」)。しかし、体育の授業でマラソンだった時は自身の体力作りのためにハイペースで走っていた根元さんに追いつけず、「ちょっときついから 私は流すわ」と言いながら早々と離脱してしまう描写も見られた(喪107)。

修学旅行初日に向かうのは金閣寺と銀閣寺のどちらなのかと質問した根元さんに「金じゃ なかった?」と返答していた(喪68「空気①」)。

性格は言いたいことをハッキリ言うタイプであり、前述した吉田さんから詰め寄られる原因にもなった。仲の良い友人に対しては正月に彼女(詳細不明)からフラれてしまった清田良典を新学期早々に弄る(喪33「めでたい」)など男女分け隔てなく接している。その反面、智子(後述)や田村ゆりなどの交流のないクラスメイトには関心がないためか積極的に絡む描写があまり見られず、後者に至っては「そっちの」と呼んでおり、名前すら覚えていなかった(喪118)。

また正義感も強く、吉田さんが逃げる智子を捕まえて連行する様子を目撃した時はいじめと思ったのか、追いかけて智子をつるし上げる吉田さんを制止し、言葉の応酬では一歩も引かなかった。その場にいたゆりに対しても、見ているのは一番ムカつくと非難した上で智子をその場から連れ出した。その後智子から事情を聞き、悪いのは智子と判断した様で智子を吉田さんに引き渡したが、この一件の後、智子に対する複雑な心境を垣間見せた(喪118。後述)。また、吉田さんに対しても誤解が解けたからか、これ以降2年4組の打ち上げ(喪120)や3年次の遠足(喪129)などで会話を交わす様になった(前者は会話風景のみ)。

根元さんは心の中で岡田さんのことを「あまり他人【ひと】に合わせなかったし」と振り返っている(喪126)。

根元さんとの関係

2年次まではトイレ(喪51)や下校時(喪54)や修学旅行(喪76扉絵)などで根元さんと共に行動する機会が多く、教室では清田良典も含めた3人で会話しているシーンがしばしば描かれていた。

智子との関係

2年次までの時点では、2年間智子とクラスメイトだったのにもかかわらず自分から声をかけた機会は、作中の描写を見る限り2年次の体育の授業でバスケをプレー中、パスミスした智子1)に「ちょっと何やってんの!」と注意した時(喪56)くらいで(ただしテレビアニメ版喪11では、チラシ切りを希望した智子と会話したモブの女子生徒2名のうち1名の役回りが岡田さんに変更されている)、学食で同席した時(喪97)にすら智子と会話している描写は見られなかったが、自身でも「私は結局2年間でまともな口きくことなかったな……」と振り返っており(喪118)、智子との絡みが皆無だったのはけして偶然ではなかったことが窺える。

ただし2年次に智子が根元さんと会話(挨拶)している所に居合わせていたため(喪54・97)か両者は友人関係であると認識しており、特徴の項目で前述した一件では「陽菜の友達」という理由で智子を助けた。終わった後は智子とは二度と会いたくないし二度と会わないだろうと思いつつも「今さらながらどんな奴かめちゃくちゃ気になる」と興味を示す様になった(喪118)。その智子とは3年次でも引き続きクラスメイトとなり、智子の2つ前の席に座っている。

登場回

友人

1・2年次ではリア充グループの根元陽菜清田良典鈴木くん大松さんみきてぃ2)と仲が良く、中でも2年次に引き続きクラスメイトとなった根元さん・清田くんと行動を共にしたり会話している描写が多く見られた。

加藤明日香とは2年次に修学旅行のグループ行動で一緒に映画村を回ろうと提案する(喪71)など親しく話しかけていたが、3年次に再びクラスメイトになってからは行動を共にする描写が増えている。また、加藤さんからは2年次の時の「岡田さん」から「茜」と名前で呼ばれる様になり(喪124)、より親しい関係になったことが窺える。

3年生に進級してからは同じくクラスメイトになった根元さんよりも、前述した通り加藤さん・南さんと行動を共にしているシーンが多くなった(喪122・124)ことから根元さんとの関係性が変化していることが窺えるが、遠足でも二人は離れた所におり、岡田さんはムスっとした表情をしていた。更に根元さんが遠足グループを離脱したことに対してムスっとした表情のまま別行動させてもらうと発言したことで、いよいよ二人の間で何かが起こった可能性が濃厚となった(喪125)。ただし、その状況でも根元さんは岡田さんのことを「茜【あー】ちゃん」とあだ名で呼んでおり、その時の表情からは特に悪い印象を抱いている様には感じられない(喪126)。

補足

その特徴的な髪型から読者に「パイナップル」と呼ばれることもある。

研究ノート

1)
パスミスの原因そのものは、智子が妄想しておりプレーに集中していなかったからであるが、この時に智子は右手首に軽い捻挫を負ったにもかかわらず岡田さんは全く気に留める様子がなかった
2)
喪124のみ、清田くんからミキティと呼ばれていた
岡田茜.txt · 最終更新: 2018/02/03 17:38 by syumote