ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪132

喪132

モテないし先輩後輩の関係

基本情報

収録巻
英題

あらすじ

遠足編完結後の日常回。

昼休みの時間、不安そうな表情の南小陽根元陽菜加藤明日香岡田茜が楽しそうに会話しているのを横目で見ながら昼食を共にする相手を探していた。その反対側では黒木智子田村ゆり田中真子が会話していたが、南さんのお目当ては真子のみで智子とゆりは邪魔な存在だったものの、それでも「あいつらと仲良くなるしかないのかな…」とまで考え出すが、まずは自分の席から二人の様子を窺うことにした。

その時、智子は真子から一冊の少女漫画本を手渡された。それは真子が友人からすすめられ面白かったので、漫画を読む智子にも勧めようとした好意からの行為だった。しかし、智子が少女漫画にありがちな展開が嫌いになったために読まなくなったと堂々と返事したことで困惑気味になる真子だったが、更に滅多に同意することがなかったゆりが智子の意見に同意したことで内心で驚くことに。そんな会話の内容を聴いていた南さんは二人と仲良くなるのは無理だと考え直し、結局嫌々ながらもサチのクラスへ行くことにした。

三人が昼食を摂った後、根元さんが智子を探しにゆり達のところへやってくるが教室には智子の姿がなく、真子の話によれば食後はいつもどこかへ行っているという。その頃智子は校内のベンチで真子から手渡された少女漫画本を読みながら、「地味系女子がイケメンからモテる」という話の内容のせいで自分のような現実の地味系女子が学校に変に理想を抱くことになると感じていた。

すると、二人の男子と一緒に歩いていた新入生の女子が智子の目の前を通りがかろうとしていた。その様子を見た智子がこの新入生に対して内心で悪態を付いていると、智子に気付いたその新入生が突然「先輩 お久しぶりです!」と言いながら智子の元へやってきた。自己紹介にて平沢雫と名乗ったその新入生は、先日智子がボランティア委員会の仕事で手伝いを担当していた前期入学試験(喪110)で体調不良になり、保健室で智子に介抱されていた受験生だったのだ。

男子達を放置して話しかけてくる平沢さんに対して男子達のことを尋ねた智子だったが、平沢さん曰く彼らにはただ昼食に付き合ってもらっただけといういささか不思議な関係であり、更に先輩(智子)だからと言うことで女子の友人が一人もいないという悩みを告白し始めた平沢さんは「友人がいない→一人でいづらいので男子に一緒にいてもらう→余計に女子から嫌われる」という理由を説明したが、それを聞いた智子は自身の行為について無自覚な平沢さんを「なるほど……これはイジメたくなるわ!」と思い、平沢さんからの昼食のお誘いも、自身の見た目とベンチで漫画を読んでいたのでぼっちだと決めつけたなと勘繰ってしまう。

そこに吉田茉咲がモーさんのキーホルダーをもらったお礼のプリンを持って智子の元へやってきた。吉田さんと目が合った平沢さんはすぐさま恫喝され驚くが、隣に座り「ちょっと寄れ」と声をかけられたことで「悪い人じゃないのかな?」とも感じていた。続いてやってきたゆりは智子に根元さんが捜していたことを伝えるが、智子が食べていたプリンに関心を抱いていたために平沢さんからの自己紹介をガン無視してしまう。平沢さんはその無視のやり方が中学生の時に男子と仲良くしていたために同性の友人から受けた仕打ちと全く同じだったことを思い出してしまった。「今は男子と話してないのにどうして…」と悩む平沢さん。するとゆりの後を追う様に根元さんもやってきた。根元さんは平沢さんにも気さくに話しかけ、平沢さんも「明るくていい人そう」と好感を持つが、智子との出会いが入試だったことを知った途端、その場の空気が一変してしまった。

根元さんが態度を変えた原因は何か怒らせるようなことを言ったからかなと疑問だった平沢さんは、今まで嫌われていたのは男子が原因ではなく、自身に問題があるのかなと考え始めていた。その間に根元さんからの学食の誘いをOKした智子の様子を目の当たりにした平沢さんは、別に自分と約束したわけじゃない・智子とは只の先輩後輩の関係・智子は自身と違ってたくさんの人達に好かれてるからと、悲しげな表情をしながら自身に言い聞かせていた。

廊下を一人歩いていた平沢さん。そこに智子が呼び止め「昼ごはんいつにする?」と笑顔で尋ねてきた。平沢さんの「さっき他の方と食べるって…」という疑問に対して別の日ならと答えた智子は、続けて平沢さんは私にとって初めての後輩だからねと笑顔で伝えた。それを聞いた平沢さんは、初めて会った時からやさしい人だけど遠い存在でもあった智子から近付いてきてくれると感じていた。しかし当の智子は善意からではなく、仲良くするメリットはないがクソビッチなので少女漫画よりも面白いドエロ話が聞けそう・嫌われても1年生なので後腐れがないというとんでもない思惑があっての行為だった。予鈴が鳴り、智子と別れた平沢さんはウキウキ気分で走っている時に向かい側から歩いてきたある女子生徒とぶつかってしまう。しりもちをついた平沢さんに向かって釘を刺すように「あんまり調子乗らないでね」と告げたその女子生徒は内笑美莉だった…。

登場人物

名言

滅多に同意しないゆりが同意した!?(田中真子)

プリン頭がぼっち先輩にプリンあげてたら物珍しげに見るだろ(黒木智子)

毎日は無理だけど私にとって初めての後輩だからね(黒木智子)

あんまり調子乗らないでね(内笑美莉)

補足

加藤さんと南さんが「立つペンケース」を使用していることが本話の扉絵にて描かれているが、「立つペンケース」はここ最近、学生を中心に人気があるアイテムであり、中にはテレビなどで紹介されて売り切れ続出になっている種類もある。また、インターネット上でも手芸での自作方法が多数紹介されている。

真子が智子に手渡した少女漫画のタイトルは『4月のヒツジちゃん ×【と】7月のオオカミくん』。

吉田さんが智子に買ってきたプリンはカップ型のもので、紙袋に書かれているロゴの「P」の文字が洋菓子チェーン店のパステルのそれに酷似している。ちなみに同店の代表的かつ主力商品は同じくカップ型の「なめらかプリン」である。

ベンチに座っている智子の様子をうっちーが木の陰から覗いているのが確認できる。

智子は吉田さんにもキーホルダーを1つあげている。喪131から今回まであげたキーホルダーの数は花火の時うっちーに1つ、電車の中で加藤さんに2つ、吉田さんに1つの計4つとなる。キーホルダーは1袋3つ入りなので智子は最低でも2袋キーホルダーのセットを購入した事になる。

研究ノート

扉絵

遠足後のとある日常の授業風景。ノートをとる智子とゆりと南さん、こっそりスマホをいじる加藤さん、眠たげな智子を興味深げに眺める根元さん

扉絵

外部リンク

喪132.txt · 最終更新: 2018/04/15 20:43 by mokonymous