ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪124

喪124

モテないし友達の関係

基本情報

収録巻
英題

あらすじ

放課後。3年5組のクラスメイトたちが思い思いの行動を取っている中、田村ゆり黒木智子に一緒に帰ろうと誘うが、小宮山琴美から声をかけられた智子は用事があるからと誘いを断った。どことなく寂しそうに返事をするゆり。

その智子は「STAR TURRYS COFFEE」で小宮山さんと成瀬優の三人でお茶しながら会話していた。ゆうちゃんから同じクラスになったことについての話題を振られた二人が関係性をありのままに話したことにより一悶着起こりそうになった後、智子の友達としてゆりの紹介をしようとしたその瞬間、なんと張本人であるゆりと田中真子が店内に現れる。それは二人が偶然智子たちを見かけた流れで入店したからだった。

智子達に気を遣った真子はゆうちゃんからの誘いを断ろうとするが、ゆりの提案で五人が同席することになった。初対面だったゆうちゃんとゆり・真子の自己紹介からの会話の流れで、お互いを「もこっち」「ゆうちゃん」とあだ名で呼び合う智子とゆうちゃんの親密ぶりを目の当たりにしたゆりは、なぜか自分達しかわからない修学旅行の話を延々と続けていた。

その様子を見かねた真子からトイレに呼び出されたゆりは、前述の行為を「なんか南さんみたいだったよ」と言われてしまったことに対して怒りの表情で真子の右腕を殴った上、(みんなに黙ったまま)帰ると拗ねてしまったが、真子はゆりが黙って帰ることを咎め、自分の代わりにゆうちゃんに謝ってほしいという要望も断った。

結局、途中で帰ることになったゆりと真子は智子たちに別れを告げる。その時、ゆうちゃんからLINEのIDを教えて欲しいと頼まれたゆりは前述の行為を感じが悪かったと素直に謝罪したが、ゆうちゃんは文句一つ言わず、高校時代の智子の話をもっと聞かせてほしいとゆりに笑顔で話しかけた。

ゆうちゃんは二人にゆりと真子のことを「凄くいい人達だったね」という感想を伝え、小宮山さんの友達(伊藤さん)にも会えたらいいなと話すが、二人はゆうちゃんの発言についてそれぞれ思いを巡らせるのであった。

登場人物

名言

まあ 茜がいいなら(加藤明日香)

こみさんってヨゴレ芸人みたいなものじゃん 食べる時に見るものじゃないから(黒木智子)

ふざけんな あとなんで成瀬さん納得したの?(小宮山琴美)

自分で謝りなよ(田中真子)

こみちゃんとずっと友達なんだもん 優しい人に決まってるよ(成瀬優)

そうだね 私や黒木さんと違って(田村ゆり)

補足

劇中での描写がなかった修学旅行中の智子達の様子がゆりのセリフという形で明らかとなった。詳細は喪7980の「補足」の項目をそれぞれ参照されたい。

本話で登場した「STAR TURRYS COFFEE」の元ネタはスターバックスタリーズコーヒーで、店舗ロゴは前者がベースとなっている。同店は本話の他、喪3喪54でも智子や小宮山さん(喪54のみ)がゆうちゃんと会う時に利用している。

研究ノート

外部リンク

喪124.txt · 最終更新: 2017/11/16 23:50 by 116.64.233.107