ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪143

喪143

モテないし3人で勉強する

基本情報

収録巻
英題

あらすじ

ゴールデンウィーク(GW)編。5月2日以降(詳細は後述)の出来事を描いた回。

成瀬優小宮山琴美が黒木家へやってきた。二人を出迎えた黒木智子に、ゆうちゃんは叔父が経営しているカフェ(喪29)のケーキをおみやげとして手渡した。一方、小宮山さんはチラ見した智子に「何も持ってきてねーよ」と告げるが、期待していなかったからと返されただけでなく、更に辛辣な言葉まで浴びせられてしまう。

智子の部屋に入ったゆうちゃんと小宮山さんは、智子の「じゃあ勉強しようか」の呼びかけで一斉に勉強を開始した。二人が黒木家にやってきた目的は智子と三人で勉強会を行うためだったのだ。智子はゆうちゃんに、勉強会の経験がないからこれで合っているのかわからんと話すが、ゆうちゃんはそんなにしないけどと前置きしつつ、友人同士でファミレスに集まって教えあったりお喋りしながら勉強していると自らの経験を話した。すると話に入ってきた小宮山さんも、「一人と違って互いに監視すればサボることがない」という理由でテスト前は友人(伊藤光)とスカイプで一緒に勉強しているという話をするが、リラックスしすぎて鼻歌(マリーンズ中村奨吾選手の応援歌)や独り言(黒木智貴の眼球と隈を舐めたいという奇行めいた願望)を伊藤さんに聞かれてしまい、恥ずかしい思いもするけどと笑顔で付け加えた。それを聞いたゆうちゃんは伊藤さんのことを「小宮山さんを長時間見守ってくれるので優しい友人」だと称したが、返事しつつも引っかかりを感じる小宮山さん。そして二人の話から智子は、勉強会はお互いを監視しながら行う勉強だと極端な認識をしてしまう。その後、智子が自分は文系なので理系は捨てると話した時にゆうちゃんが驚きの声を上げ、瞳が変化した状態で全科目勉強しなくてもいいのかと智子に尋ねた。智子は私立文系で自分の場合なら英語・国語・日本史の三科目だとゆうちゃんに説明するが、大学受験のシステムを全く知らなかったゆうちゃんは落ち込んでしまう。

その後、時刻が14:01になったことに気付いた小宮山さんはスマートフォンを取り出してプロ野球の試合情報を確認した後で勉強に戻るが、やはり気になるらしく、再びスマホに目をやりながら智子にテレビを付けるよう頼んだ。テレビに映し出されたプロ野球中継はちょうどマリーンズの攻撃中かつ満塁という絶好の得点チャンスだったが、小宮山さんがどうせ満塁じゃ打たないんだろ・いつもそうだとぶつぶつつぶやくと、本当に見逃し三振で攻撃が終わってしまった。その様子を目の当たりにし、わかっていたけど…と言いつつも勉強に戻る小宮山さん。一方、予定が書かれたカレンダーに気付いたゆうちゃんは田村ゆりのことは知っていたものの、知らない名前だった根元陽菜加藤明日香は誰なのか疑問に感じながら智子に大学見学に行ったことを尋ねて二人の情報を聞き出そうとするが、15:00になったのでケーキとお茶を入れようかと智子が提案したことで話が終わってしまい、ゆうちゃんは困惑しつつも同意した。

智子がおやつタイムの準備をするために部屋を出ると、ゆうちゃんはあらためて小宮山さんに二人のことを尋ねた。小宮山さんが憶えている範囲で二人に対する印象や特徴を教えると、ゆうちゃんは「もこっちいっぱい友達いるんだね」と答えた。おやつタイム中、智子の提案で息抜きに全員でできるゴルフゲームのみんゴルをプレイすることになったが、智子は負けた人への罰ゲームと称して、ゆうちゃんにはおっぱいひと揉み・小宮山さんには即帰宅→以後出禁というとんでもない条件をそれぞれに付けた。智子はゆうちゃんがプレイしている様子を眺めながら、女子でも稼げるという理由で(プロ)ゴルファーになりたい・オタ人気で稼げるかもという理由でeスポーツ選手なら今からなれるかなと願望を述べたが、小宮山さんから「なれねーよ多分」と冷たくツッコまれた。おやつタイム終了後、勉強を再開する三人。シャーペンを走らせる音が部屋に響く中、小宮山さんは隣の智貴の部屋のドアが閉まる音を耳にする。智貴が帰宅して隣にいることを猛烈に意識し出した小宮山さんはもじもじしながら息遣いが激しくなり、顔も真っ赤になった。その様子を見ていた智子は、小宮山さんが気持ち悪いという理由でちょっと早いけど勉強会をおひらきにしようかとゆうちゃんに提案し、ゆうちゃんも困惑しつつ同意したため小宮山さんが悲痛な叫びをあげる中、勉強会は終了した。

帰宅しようと歩き出したゆうちゃんと小宮山さんだったが、ゆうちゃんに見せたいものがあるという理由で智子も途中まで同行することになった。「千葉県立○×公園」で智子がベンチの辺りで何やら捜していると、ベンチの下で野良猫が丸くなっていた。智子は猫好きのゆうちゃんにこの野良猫を見せようとしていたのだ。野良猫と触れ合っているゆうちゃんに智子は、先日(喪142)、学校に迷い込んできた犬がクラスメイトのヤンキー=吉田茉咲のスカートの中に頭を突っ込んで殴られていたというエピソードを披露した。智子は(犬が)かわいそうと言ったゆうちゃんに、小宮山さんも吉田さんに噛みついた(しつこく怒鳴り付けた)ために腹パンされた経験(喪134)があることを教えると、小宮山さんに犬の時と同様かわいそうと言ったが、言われた当の小宮山さんは「犬と同じ感想言われても…」と困惑していた。続けて智子も何回も顔面を殴られたと話すが、その行為をいじめだと感じたゆうちゃんの心配をよそに、智子は吉田さんがセクハラに厳しいことを伝え、ゆうちゃんから何をしたのか尋ねられた時には、生おっぱいを揉んだだけ(喪134)と答えた。それを聞いて表情が明るくなったゆうちゃんは、吉田さんは友人なのか?と智子に質問するが、智子自身もはっきりわからなかったものの、吉田さん・ゆり・田中真子との四人でたまに下校することはあると答えた。

それから智子と別れた二人。ゆうちゃんは小宮山さんに、以前の智子はあまり学校のことを話さなかったが、最近は話してくれるようになったという変化と、智子と小宮山さんのクラスが凄く楽しそうだねということを伝えた。どうだろと返事する小宮山さんに、ゆうちゃんは続けて小宮山さんと伊藤さんが行っている勉強会に自分も参加してもいいかどうか尋ねた。小宮山さんは疑問に感じるが、ゆうちゃんは智子と小宮山さんと同じ学校に行けたら楽しそう・駄目でも勉強を頑張ってみようってという理由を笑顔で話した。小宮山さんは智子と一緒にやったほうがいいんじゃないかと返すが、ゆうちゃんは智子とも勉強会をすると思うが、智子の友人達もきっと、智子と一緒に勉強したいと思っているからという気遣いを見せた。それを聞いた小宮山さんは智子と違って友人が少なくて暇だという冗談を言って、そういうつもりではなかったゆうちゃんを困らせてしまうが、伊藤さんもOKしてくれるだろうから後ほどスカイプの招待を送るねと伝えた。数日後、早速ゆうちゃんを交えた三人でスカイプ勉強会が開かれた。お互いに自己紹介を交わすゆうちゃんと伊藤さん、そしてその様子を微笑ましく見つめる小宮山さん。その後、小宮山さんが智貴のお兄ちゃんになりたいなという独り言をつぶやいたためにゆうちゃんと伊藤さんの様子が変わってしまい、小宮山さんは無表情でシャーペンを走らせていた…。

登場人物

名言

あっこいつ普通の人間並の気遣いできるのかとかお返ししなきゃとか考えなきゃいけないし(黒木智子)

智貴くんの眼球と隈舐めたいなー……(小宮山琴美)

今 私は智貴くんと同じ家にいる…!!同じ家に族【トライブ】してる 家族……!!(同上)

いや 犬と同じ感想言われても…(同上)

もこっちとこみちゃんと同じ学校行けたら楽しそうって思って… ダメでも勉強頑張ってみようって(成瀬優)

補足

本話は、智子がGW前の全校集会中に勉強会について触れていた(喪137)ことを受けてのエピソードと思われるが、前話までと異なり明確な実施日が明らかにされていない。ただし本話にて5月1日に智子が里崎希心と一緒に学校に訪れた際のエピソードをゆうちゃんに話していたことから、翌5月2日以降のいずれかの日が該当することになる。

ゆうちゃんの回想中、ファミレスで一緒に勉強していた女子生徒3名中2名は、智子一年次に開催された蛍輝祭(喪21)にてゆうちゃんに同行した2名とと髪型が酷似していることから、同一人物の可能性がある。

智子が「○×公園」にてゆうちゃんに紹介した、左目上に付いている模様が特徴の野良猫は喪18が初登場であり、それ以降も喪40に登場している。ちなみに智子はこの野良猫に鮭と思われるおにぎり(喪18)・スナック菓子(喪40)を与えているが、現実世界ではこれらは塩分が高いため、人間に比べて身体が小さい猫に与えるのは厳禁とされている。

本話にて、これまで不明だった伊藤さんの名前が「光【ひかり】」であることが本人のセリフから明らかとなった。余談だが2018年10月現在、横浜DeNAベイスターズに同名のプロ野球選手が在籍している(ただしこちらは名前の読みが光【ひかる】である)。

研究ノート

扉絵

智子の部屋で勉強会を始めようとしている智子・ゆうちゃん・小宮山さんとぬいぐるみ

扉絵

外部リンク


喪142 喪144

喪143.txt · 最終更新: 2018/11/16 00:29 by 106.161.103.124