ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪21

喪21

モテないし文化祭に参加する

基本情報

収録巻 3巻
英題 I'm not popular, so I'll be in the culture fest.

あらすじ

文化祭二日目の解放日、成瀬優が智子を訪ねて文化祭に訪れる。1日目はクラスに居所がなくうろついたがまずいたこ焼きを食べたこと、軽音楽部の発表で変なノリを求められて吐いてしまう嫌な思いしかなかった。

ゆうちゃんが智子のクラス訪れる。会いたかったと智子に抱きつくゆうちゃん。それに動揺しながらも不思議な安らぎを感じ、案内しているうちに再び抱きついてもらえないかと考えを巡らせる。

ゆうちゃんも帰り、一人になった文化祭終了間際。今江恵美が一人ぽつんと座る智子を見つける。文化祭で使った着ぐるみを着込んで、智子をそっと抱きしめ風船を手渡す。

登場人物

黒木智子 今江恵美 成瀬優 岡田茜 清田良典 生徒会女子(校門と着ぐるみの中) 根元陽菜(シルエット)

名言

「ちくしょう!せっかくだからケツ触っとくか…!!」(黒木智子)

補足

原宿教育学園幕張秀英高等学校の文化祭は「蛍輝祭」【けいきさい】という正式名称が付けられており、本話冒頭での智子によるナレーションおよび校門のアーチや校内に貼られているポスターで確認できる。その他詳細は原幕のページの「蛍輝祭」を参照されたい。

1年10組の催し物である「コスプレcafe」は「男の娘【おとこのこ】メイド1)います。」がウリの一つで、作中では清田良典が女装して接客している様子が描かれている。また、作中の描写を見る限りではそれなりに盛況だった様で「お湯まだ沸いてないの!?」と発言している根元陽菜の語調の強さからも、準備が追い付かなくなりそうになり慌てている様子が窺える。

本話ラストのエピソードは卒業式(喪115(後編))に関連しており、この時智子は着ぐるみの中に入っていた人物が誰だったのかを知ることになる。

テレビアニメ版では前話と本話が纏められてひとつのエピソードとして放送されたが、最終話の放送2日前2)に発売された『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!公式ファンブック(喪)』(スクウェア・エニックス)の139ページに掲載された大沼心監督とシリーズ構成を担当した吉岡たかを氏の対談コーナーにて、大沼監督が文化祭のエピソードをテレビアニメ版の山場に据えたシリーズ構成にしたことを明かしており、吉岡氏も文化祭のエピソードでは実行委員長(今江さん)の存在が特別だとコメントしている。

研究ノート

開催日について

文化祭後の喪話である喪22黒木智貴の部屋に9月と10月の月表カレンダーが掛けられているので、智子1年次の文化祭は9月か10月に行われたことになるが、カレンダーとしてはあってはならないミスが認められるのでカレンダーではなく、智貴がカレンダー風のポスターを飾っているだけの可能性も考えられるし(喪22の研究ノート参照)、カレンダーであるとしてもめくり忘れの可能性もあって断定できない(めくり忘れを想定すると11月の行事ということもギリありえなくはない。黒木智子の研究ノートも参照されたし)。なお、テレビアニメ版では10月の土日2日間の行事とされている(喪113))。

岡田さんの反応について

智子がゆうちゃんと再会した様子を見た岡田茜が「?」と驚いた様な表情をしていたが、この反応は、智子に友人がいたことに対してなのか?それとも「もこっちのメイド姿 見たかったなー」というゆうちゃんのセリフに対してなのか? →普通に考えれば、「ところでもこっち今日はコスプレしないの?」からの流れを聴いて(え?こいつそんなことしてたか?)という旨の?であろう。

映画の約束について

本話では、ゆうちゃんと智子が会話の話題にしていたテレビアニメ関連の映画を観に行く約束をするが、後日(喪29)、ゆうちゃんが智子に映画に行けなくなったという断りの電話を入れているシーンがあり、本話から繋がっているかもしれない。

扉絵

文化祭、蛍輝祭のポスターの貼られた窓から模擬店の広げられた中庭を覗く智子

扉絵

外部リンク


喪20 喪22

1)
衣装は根元陽菜岡田茜達が友人・演劇部・どこかの店舗から調達してきたことが喪20で説明されている
2)
キー局であるテレビ東京の場合
喪21.txt · 最終更新: 2018/03/10 22:43 by 219.167.56.3