ユーザ用ツール

サイト用ツール


3年5組

3年5組

3年生(喪122より)に進級した黒木智子が所属しているクラス。

喪120での田中真子のセリフ(「同じクラスになるかもよ 文系で選択科目も一緒だし」)から文系クラスだと思われる。

3年5組の担任

3年5組の生徒

研究ノート

生徒数について

クラス編成を男女ほぼ同数と仮定し、かつ喪122のクラス分け表に記された数字が出席番号を示したもので2)、出席番号の前半が男子、後半が女子に割り振られたものと仮定すると、自己紹介の場面では少なくとも教壇から見て右側(窓側で女子側)2列の座席配置は1列5人編成になっていることとそこから女子出席番号は19番から始まると推測されることから3)、男子は18人となる。その場合、教室の広さを加味すると男女3列づつの座席配置の蓋然性が高いので、男子は1列6人の座席配置と考えられ、喪132扉絵では5人3列の計15人のように見えるが、これはおそらく各列最後尾の生徒を略画したものであろう。一方女子は喪132の扉絵で15人編成にしか見えないが(南さんの後ろ(根元さんの右隣)が空席のようなのは、そこが授業をサボっている吉田茉咲の席であるためと考えられる)、男子と同様の理由から16人の可能性も残る(17人以上だと5人・5人・7人以上というバランスを欠く座席配置となるので最多でも16人と考えざるをえない)。よって5組は配席が廊下から6人・6人・6人(男子)・5乃至6人・5人・5人(女子)の総勢33乃至34人編成のクラスだと考えられる。なお女子に限ると、喪132時点で不明なのは出席番号19乃至20番、25番、30番、31番、そして16人編成だった場合の34番の4乃至5人である。

1)
智子は心の中で「絵が描ける安藤!?」と呼んでいた。その理由は初芝くんの項目を参照。
2)
加藤明日香が22番、智子が23番、小宮山琴美が24番、田中真子が26番、田村ゆりが27番になっている(初掲載時には琴美は25番、真子は24番、ゆりは琴美と同じ25番になっていたが単行本12巻で修正された)。
3)
この推測を敷衍すると、伊藤さんは19番か20番、岡田茜は21番、根元陽菜は28番、二木さんは29番、南小陽は32番と算出できる。
3年5組.txt · 最終更新: 2018/10/04 18:55 by mokonymous