ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪105

喪105

モテないしお返しをする

基本情報

収録巻 11巻
英題

あらすじ

冬休みが終わって再び学校、智子が教室に入ると後ろの方で内笑美莉雌猫の間グループに北海道みやげのお菓子を配っている。お菓子が6枚余ってその処理に困ったうっちーは、同じ修学旅行班だったよしみで田村ゆり吉田茉咲に1枚づつ渡そうとするが、二人は「なんで?」と疑問を呈したうえ吉田さんに至っては「お前なんか知らねーぞ」と答える。

それでもなんとか二人におみやげを渡したうっちーは「黒木にだけ渡さないのもかわいそうだし」と、寝たフリをしていた智子の制服のポケットにお菓子4枚を強引にねじ込む。うっちーが立ち去ったあと智子は起き上がり「一応礼言っとくべきなのか」「でもみんなの前で話しかけるの嫌がりそう」という事でうっちーの下駄箱にお礼の手紙を入れる事にする。

下校時その手紙を見つけたうっちーは「きもいきもい!!きもいきもい」と言いつつその表情はどこか嬉しそうであった。

登場人物

名言

え? なんで? (田村ゆり)

うめーじゃねーかこのやろう!! (吉田さん)

研究ノート

本話で智子は真子の教えから絵文字がうっちーと呼ばれ名字が内であることを知り、「内」と掲げられているはずのうっちーの下駄箱にお礼の手紙を残すが、その後の喪112でゆりから再度絵文字の名字が内であることを教えられたり、喪114「置きチョコ2」で(本話で手紙を入れた)うっちーの下駄箱を前に「ここか」とつぶやくなど、この時点での認識度の薄さを披露している。その認識はおそらく3年進級時まで持続したと思われるが、ネズミーランドへの遠足を契機に改められたようである(喪125から喪130(下))。

外部リンク

喪105.txt · 最終更新: 2018/03/07 23:26 by 60.42.2.133