ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪84

喪84

モテないしとある秋の一日

基本情報

収録巻 9巻
英題 I'm not popular, so a certain day in autumn…

あらすじ

2年生秋の短編回

始まりの朝

「今日も一日がんばるぞい」と意気込む黒木智子だったが、歯を磨いている最中におもいっきりえずいてしまう。

会話のネタ

コンビニに立ち寄った智子は昼食時に田村ゆり田中真子との会話に困らない様、女性ファッション雑誌を立ち読みしてネタを仕入れようとするが、そのネタの内容とは…。

コミュニケーション力

昼食時、智子はゆりと真子との会話で仕入れたネタを披露するべくベストなタイミングを伺っていた。そして体育の授業でテニスについて言及された時にある話題を切り出した智子だったが、それを聞いた二人の反応は…。

モデル

図書室で『学年ドベのギャルが1年で偏差値50上げてKO大学に合格した話』1)という本を手に取った智子は、自分だったら・成瀬優だったらどんな本になるのか想像していた。

BBQ

図書室にやってきた伊藤光小宮山琴美とクラスイベントのBBQについての会話をしている様子を聞いていた智子は、上から目線で小宮山さんに罵倒し始めるのだが…。

スッキリ

女子トイレで根元陽菜と遭遇した智子はネモから背中をかいてほしいと願まれる。そして背中をかいてやっている最中にネモの「気持ちいい……」という反応を聞いた智子は、終了後にスッキリした表情をするのであった。

標的

HRの時間に体育祭の参加競技を決めることになった。全くヤル気がない智子は、寝ていた吉田茉咲の真似をして自分も昼寝としゃれ込むが、委員長から注意されたのは智子だけだった…。

体育祭の思い出

委員長から「みんなでちゃんとやらないと いい思い出にならないよ」と言われた智子は、過去の体育祭の思い出を振り返るが…。

イメージ

下校時、キャラもののハンカチが落ちているのを発見した智子。その持ち主は吉田さんだったが、智子はハンカチを返す時に余計なことまで大声で話してしまったばっかりに、校舎裏まで連行されてしまうハメに…。

ここ最近

就寝前、ここ最近は学校でいろんな人たちと会話している気がした智子はあることに気付き、黒木智貴に「おやすみ」と話しかけるのであった。

登場人物

名言

原始人はそこ座らないでもらえる その場所文字が読める人が座る場所だから(黒木智子)

みんなでちゃんとやらないと いい思い出にならないよ(委員長)

なんだあたしがこういうの持ってちゃ悪いのか?(吉田茉咲)

外部リンク

1)
元ネタは2013年に発行された『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴)。坪田氏の教え子の実話で、当時は話題になった。2015年には『映画 ビリギャル』のタイトルで映画化もされている
喪84.txt · 最終更新: 2018/10/04 18:55 by 203.133.168.146