ユーザ用ツール

サイト用ツール


特別編7

特別編7

特別編7

基本情報

収録巻 11巻
英題

あらすじ

特別編5からの続きで12月25日。もこゆうこみの三人で集まってのクリスマスにテンションの上がった智子は「一番いらなくて面白いものをプレゼントした人が勝ち」というゲームを提案する。

それぞれが買い物をした後、カラオケボックスでパーティを始める三人。ゆうちゃんが「せっかくだから歌ってみる」とうながしても智子と小宮山さんの二人は恥ずかしがって歌おうとはしない。それじゃあという事でプレゼント交換を始めると、智子が取ったのは小宮山さんが買ってきた「ロッテ選手のプリントサインボール」、小宮山さんが取ったのはゆうちゃんが買ってきた「セーラーモーンのコンドーム」、ゆうちゃんが取ったのは智子が買ってきた「おっぱいの形をしたキーホルダー」だった。

似合わない下ネタに走った事をツッコまれて恥ずかしがるゆうちゃんが優勝という事になり、勝者の権利として智子と小宮山さんの二人に「クリスマスソングを歌って」と命令する。いつになく強引なゆうちゃんは渋る二人に「ちゃんと歌ってくれるまでやりなおしだから」と一時間も歌わせる。

カラオケボックスを出て三人でイルミネーションを眺めつつ、ゆうちゃんが「二人とも恥ずかしがって一曲も歌えなかったから、来年はちゃんと歌えるようにしといてね」言う。こうしてゆうちゃんの命令は「来年もまた三人でクリスマスを過ごす」というものに上書きされたのだった。

登場人物

名言

ロッテ選手のプリントサインボールだ どうだいらないだろ? ハハハ (小宮山琴美)

外部リンク

特別編7.txt · 最終更新: 2017/04/05 21:03 by mokonymous