ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪13

喪13

モテないし夏休みを満喫する

基本情報

収録巻 2巻
英題 I'm not popular, so I'll revel in summer break.

あらすじ

1年生の夏休みの短編回

夏休み初日

黒木智子は、夏休み初日からゲーム・動画・雑誌を読みながらアニメ視聴と趣味三昧な一日を過ごしていた。就寝時、夏休みはまだたっぷりと残っているのでこんな日々が続くことに幸せを感じた智子は感涙にむせぶ。その頃、隣室の黒木智貴は…。

2日目

智子はYAHQU!知恵袋に「ぺろぺろ」というワードについての質問を投稿後、夕方になっても返答を待っていたのだが…。

3日目

時刻は深夜1時前。ゲームや動画に飽きた智子は「怖い話まとめ 洒落にならない話」を観ることにしたが2時間後、尿の許容量が限界を迎えてしまい一旦はゴミ箱へ処理しようとする所まで追い込まれてしまった「洒落にならない」状況下の智子。もってあと30分と判断した智子はいったいどうなるのか?

女子力

智子は就寝中の智貴を起こして一階のトイレまで付いてくる様頼むが、拒否されてしまう。智子は「ここですべての女子力を解放してもいいんだぞ…」と智貴に迫るが、それは智貴の部屋がとんでもない状況になることを意味していた。

認める

結局、智子のトイレに付き合ってやる智貴。しかしそれで終わりと思いきや、智子は更にシャワーを浴びて替えのパンツを取りにタンスの所まで行くと言いだした。そこから智子の状態を察した智貴だったが、追い打ちをかける様に智子が開き直った態度に出てしまう。

4日目

床に転がっていた智子は、夏休みに入ってから一歩も外に出ていないことに気付く。インターネットで「一人遊び」できる場所を探そうとした智子だったが、その後あるものを手にしていた。

5日目

智貴は自宅に呼んだ友人達と一緒にサッカーゲームで遊びながら楽しそうに雑談していた。その頃、隣室の智子は…。

6日目

眠れない智子は、何もしていないのに夏休みがもう6日も終わってしまったことに対してパニック状態になり、救いを求めるべく大声で「だれかー」と叫んでしまう。そんな智子に救いの手が差し伸べられるわけもなく、どころか、隣室から「うるせーぞ」という智樹の声とともに壁を叩く音が響いた。

7日目

コンビニで花火を買ってきた智子は、「一緒にやろ?」と智貴を誘うが断られてしまう。すると智子は代わりに「花火をやっている自分を見ていてほしい」といういささか奇妙なお願いをした。そしてその様子を見ていた智貴は7月の終わりを感じていた…。

登場人物

名言

こんな日々が続くなんて幸せすぎて泣いちゃう!(黒木智子)

いいのかそんなこと言って ここですべての女子力を解放してもいいんだぞ…(同上)

ちょっともらしたけど それがどうかしたか?(同上)

誰か…誰か… 私を助けて…!!(同上)

補足

本話の「夏休み初日」にて智子が観ていたアニメは、テレビに描かれていた主人公らしき人物および「ト●ボ」という人物名から『魔女の宅急便』だと思われる。

扉絵

縁側で読書をするワンピースを着た智子

扉絵

外部リンク


喪12 喪14

喪13.txt · 最終更新: 2018/11/15 23:44 by 106.161.103.124