ユーザ用ツール

サイト用ツール


加藤さん

加藤さん

基本情報

kato.jpg
本名 加藤
あだ名   加藤さん
英語表記 Kato
初登場   喪71
肩書き   高校生
家族  加藤母
所属  原宿教育学園幕張秀英高等学校
2年4組
名前の由来 加藤翔平

概要

黒木智子と2年次のクラスメイト。長く明るい髪に猫のような大きな目をした女子生徒。2年4組の女子の中では背が高い方で、化粧やネイルなどが趣味と思われる。

喪58では自宅で夏休みを満喫していた智子に野球部の応援に参加しなければならなくなった旨の電話をかけてくる。この時はまだ台詞のみの登場である。

喪71で初めて姿を現し、荻野先生の指示で出席番号順となった修学旅行の行きの新幹線の座席で岡田さんと黒木智子の間に座っていた事から、この女子生徒が喪58で智子の自宅に電話をかけてきた「加藤さん」である事が有力となった。

喪87では岡田さん、ネモうっちーらと一緒に白組のチアリーダーに参加し、喪88では岡田さんとネモと一緒に騎馬戦に出場している。

喪90では自分と同じく派手な外見をした母親と一緒に荻野の三者面談を受けている。この時の表情から自分の進路についてポジティブなイメージを持っていると推測される。

喪106の席替えで智子の前の席となり、後ろから自分の事を見ていた智子に気づいて振り返った後、智子の顔をよく見て「目大きいねー ちょっといじらせて」と言って両目に派手な化粧をした。この時の智子を見て笑いをこらえるネモに対して「ねぇ黒木さんかわいくない?」と同意を求めている。

喪109では雪が降るなか登校してきた数少ない生徒の一人で、1時間目の図書室での自習の際に智子に声をかけておすすめの本を紹介してもらい、その本を3時間目の冒頭までに読み終えて「まあまあ面白かったよ」と感想を述べている。そして時間をもてあましたのか、智子の手を見て「ネイルやっていい?」とたずねて一本の指の爪にネイルアートをほどこした。11巻おまけではこの後日談が描かれ、学校の昇降口で智子の手をとって「他の指(のネイル)もやろうか?」と提案している所をうっちーに目撃されている。

喪115(前編)の卒業式では智子の右隣に座り、智子が鼻をすする音をさせるとハンカチをそっと差し出している。

登場回

友人

喪71で自分の修学旅行班らしき黒い髪と明るい髪の二人(三人?)の女子と会話している他、岡田さんからグループ行動で映画村を一緒に回ろうと提案されている。喪106では隣の席の南さんとにこやかに挨拶をし、ネモにも仲が良さそうな感じで話しかけている。

一部の女子から「例のあの人」呼ばわりされている智子に対しても屈託なく話しかけ、喪109では智子と同じく友達の少ない田村ゆりにも挨拶をして声をかけている。吉田さんと会話しているシーンはまだないが、喪109の図書室での自習の際には同じ机の隣同士に着席している。

補足

もこっちを見守る会において2017年1月22日から約2週間に渡って行われた「今後出番が増えて欲しいもこっちのクラスメートは誰ですか?」というアンケート調査で、加藤さんは得票数66で第1位となっている。

加藤さん.txt · 最終更新: 2017/07/09 16:36 by mokonymous