ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪35

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
喪35 [2018/02/28 21:32]
220.108.152.57 補足の一節を研究ノートへ
喪35 [2019/05/09 21:41] (現在)
mokonymous [補足]
ライン 7: ライン 7:
 ある日、出かけようとした[[黒木智子]]は[[智子母]]から[[黒木智貴]]の高校受験の願書を投函する様に頼まれた。受験先が県外の埼玉県だったため、訝しがる智子。 ある日、出かけようとした[[黒木智子]]は[[智子母]]から[[黒木智貴]]の高校受験の願書を投函する様に頼まれた。受験先が県外の埼玉県だったため、訝しがる智子。
  
-一週間後、智貴は[[原宿教育学園幕張秀英高等学校]](通称「原幕」)への推薦入学が決定した[[智貴友人1]]から「原幕来いよ」と誘われるが、原幕の推薦入試を見送り埼玉私立浦和東南高等学校([[#​研究ノート]]参照)を受験することを伝える。その理由は智子が原幕に在籍しているからであった。+一週間後、智貴は[[原宿教育学園幕張秀英高等学校]](通称「原幕」)への推薦入学が決定した[[中村くん]]から「原幕来いよ」と誘われるが、原幕の推薦入試を見送り埼玉私立浦和東南高等学校([[#​研究ノート]]参照)を受験することを伝える。その理由は智子が原幕に在籍しているからであった。
  
 その頃、願書を投函し忘れたことに気付いた智子は顔面蒼白になる。受験票が送られてこないことに疑問を感じた母からの追求に対して開き直ってしまい、こっぴどく叱られてしまった智子は智貴に、出願期限を超えてしまったために浦和東南の受験ができなくなってしまったことを泣きながら伝え、謝罪した。事情を説明するという母の提案をあっさり断った智貴は結局、一般入試で原幕を受験することを決める。 その頃、願書を投函し忘れたことに気付いた智子は顔面蒼白になる。受験票が送られてこないことに疑問を感じた母からの追求に対して開き直ってしまい、こっぴどく叱られてしまった智子は智貴に、出願期限を超えてしまったために浦和東南の受験ができなくなってしまったことを泣きながら伝え、謝罪した。事情を説明するという母の提案をあっさり断った智貴は結局、一般入試で原幕を受験することを決める。
ライン 17: ライン 17:
 [[智子母]] [[智子母]]
 [[黒木智貴]] [[黒木智貴]]
-[[智貴友人1]]+[[中村くん]]
 [[智貴友人2]] [[智貴友人2]]
 [[智貴友人3]] [[智貴友人3]]
ライン 29: ライン 29:
  
 ===== 補足 ===== ===== 補足 =====
-本話にて智子が在籍している高校の名称および通称が判明した。また、智貴友人1の発言から同校がサッカーの強い高校であることもわかる。+本話にて智子が在籍している高校の名称および通称が判明した。また、[[中村くん]]の発言から同校がサッカーの強い高校であることもわかる。
  
 作中、智貴の受験や合格発表などの描写はないが無事に入学したことが確認でき、[[喪41]]以降は原幕生として描かれている。 作中、智貴の受験や合格発表などの描写はないが無事に入学したことが確認でき、[[喪41]]以降は原幕生として描かれている。
喪35.1519821157.txt.gz · 最終更新: 2018/02/28 21:32 by 220.108.152.57