ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪174

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
喪174 [2020/04/28 06:07]
126.194.117.151 [あらすじ]
喪174 [2020/05/02 22:27] (現在)
126.208.199.13 [あらすじ]
ライン 7: ライン 7:
  
 ===== あらすじ ===== ===== あらすじ =====
-夏合宿初日の日程が終わり、[[黒木智子]]と[[成田美保]]は寝ていたが、[[佐々木風夏]]は眠れずに智子と「毛」の謎について思いを巡らしていた。夜が明けた頃、トイレへ向かった智子を追うように風夏もそこに入り…+夏合宿初日の日程が終わり、[[黒木智子]]と[[成田美保]]は寝ていたが、[[佐々木風夏]]は智子の様子をうかがいながら智子と「毛」の謎について思いを巡らしていた。夜が明けた頃、トイレへ向かった智子を追うように風夏もそこに入り…
  
 バイキング式の朝食時に風夏は「変なものを見た気が…」と思い、それが何かを思い出そうとしていた。そんな中、2日目の日程が進んで行き、夕方の英語の講義をきっかけに風夏は「変なもの」の正体を思い出した。そして、この日の最後に実力テストが行なわれた。その結果に基づいて3日目と4日目のクラス分けがなされたが… バイキング式の朝食時に風夏は「変なものを見た気が…」と思い、それが何かを思い出そうとしていた。そんな中、2日目の日程が進んで行き、夕方の英語の講義をきっかけに風夏は「変なもの」の正体を思い出した。そして、この日の最後に実力テストが行なわれた。その結果に基づいて3日目と4日目のクラス分けがなされたが…
喪174.txt · 最終更新: 2020/05/02 22:27 by 126.208.199.13