ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪172

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
喪172 [2020/03/14 13:11]
126.194.245.110 [名言]
喪172 [2020/04/03 22:20] (現在)
126.194.232.40 [あらすじ]
ライン 7: ライン 7:
  
 ===== あらすじ ===== ===== あらすじ =====
-前話([[喪171]])に引き続き、夏合宿初日のエピソードが描かれる。授業が終わった後、[[黒木智子]]たちの部屋に[[加藤明日香]]が訪れた。夕食時に約束していたのである。翌日の智子のテストの対策のためであったが、[[佐々木風夏]]の対策も兼ねることになった。その頃、[[田村ゆり]]と[[宮崎さん]]、[[かよ]]、[[凪]]らは大浴場に入っていた。以前は別グループの人と話すのに抵抗があったが、最近は色々な人と交流したいと言っていた。一方、智子たちの部屋に新たに来客が訪れた。[[内笑美莉]]だった。+前話([[喪171]])に引き続き、夏合宿初日のエピソードが描かれる。授業が終わった後、[[黒木智子]]たちの部屋に[[加藤明日香]]が訪れた。夕食時に約束していたのである。翌日の智子のテストの対策のためであったが、[[佐々木風夏]]の対策も兼ねることになった。その頃、[[田村ゆり]]と[[宮崎さん]]、[[かよ]]、[[凪]]らは大浴場に入っていた。湯船に浸かりながら彼女らは、以前は別グループの人と話すのに抵抗があったが、最近は色々な人と交流したいと言っていた。一方、智子たちの部屋に新た客が訪れた。[[内笑美莉]]だった。
 ===== 登場人物 ===== ===== 登場人物 =====
 [[黒木智子]] [[黒木智子]]
喪172.txt · 最終更新: 2020/04/03 22:20 by 126.194.232.40