ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪136

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
喪136 [2018/09/20 19:49]
mokonymous ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
喪136 [2018/10/20 13:39] (現在)
218.44.105.60 [研究ノート] 補足
ライン 50: ライン 50:
 智子がゆりのために持ってきた漫画本は表紙から『COT』までの文字が確認できるが、特徴的な文字の並びとフォントから『GOTH リストカット事件』(乙一)が元ネタであると言われている。この作品は谷川ニコの別作品『クズとメガネと文学少女(偽)』第2巻の表紙絵に採用されており、その単行本作業と本話喪136の執筆時期がちょうど一致していることからも、前述の作品が元ネタと見てほぼ間違いないと思われる。また、これに関連して同じ作者の『しあわせは子猫のかたち』が智子が最初に持ってきた漫画本の元ネタであるという考えもある((『GOTH リストカット事件』には大岩ケンヂによるコミカライズ版が存在するが、『しあわせは子猫のかたち』のコミカライズ版は単品では存在せず、同じ乙一が原作の『死にぞこないの青』の山本小鉄子によるコミカライズ版に40ページの短編として収録されている。))。 智子がゆりのために持ってきた漫画本は表紙から『COT』までの文字が確認できるが、特徴的な文字の並びとフォントから『GOTH リストカット事件』(乙一)が元ネタであると言われている。この作品は谷川ニコの別作品『クズとメガネと文学少女(偽)』第2巻の表紙絵に採用されており、その単行本作業と本話喪136の執筆時期がちょうど一致していることからも、前述の作品が元ネタと見てほぼ間違いないと思われる。また、これに関連して同じ作者の『しあわせは子猫のかたち』が智子が最初に持ってきた漫画本の元ネタであるという考えもある((『GOTH リストカット事件』には大岩ケンヂによるコミカライズ版が存在するが、『しあわせは子猫のかたち』のコミカライズ版は単品では存在せず、同じ乙一が原作の『死にぞこないの青』の山本小鉄子によるコミカライズ版に40ページの短編として収録されている。))。
 ===== 研究ノート ===== ===== 研究ノート =====
-ゆりの自室にあるカレンダーには31日まで記載されていることが作中より確認できるが、[[喪135]]での智子の発言に見えるゴールデンウィーク予定された席替えがまだ行われていないいことから本喪話は5月中の初旬から中旬にかけての出来事と考えられる。因みに上記カレンダーで(5月)31日金曜日となっている(多分)が、該当するのは(以前略)2013年、2019年、2024年、2030年(以後略)である([[黒木智子#​​智子の生年について|黒木智子の研究ノート「智子の生年について」]]も参照)。+ゆりの自室にあるカレンダーには31日まで記載されていることが作中より確認できるが、ゴールデンウィーク明け行われた席替えがまだ行われてず、席替えは[[喪144]]でゴールデンウィーク明けのその日に行われてことから本喪話は5月1日から2日にかけての出来事と考えられ((4月30日も平日であるが、その日智子は加藤さんと大学見学をしているので、何らかの理由による休校日だったのであろう))、従って[[喪137]]から[[喪140|140]]以降のものとなる。但し、ゆりが3月のカレンダーをめくらないままでいた可能性もあり、その場合は喪137以前の4月中の出来事となる。因みに上記カレンダー5月のものとすると、31日金曜日となっているので、該当するのは(以前略)2013年、2019年、2024年、2030年(以後略)である([[黒木智子#​​智子の生年について|黒木智子の研究ノート「智子の生年について」]]も参照)。 
  
 ===== 外部リンク ===== ===== 外部リンク =====
喪136.txt · 最終更新: 2018/10/20 13:39 by 218.44.105.60