ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪134

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
喪134 [2020/02/06 20:57]
mokonymous ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
喪134 [2020/02/20 20:15] (現在)
mokonymous ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
ライン 6: ライン 6:
  
 ===== あらすじ ===== ===== あらすじ =====
-[[喪133|前話]]で[[黒木智子]]達が学食にいる頃、[[3年5組]]の教室では[[加藤明日香]]と[[夏帆]]が昼食を摂りながらおしゃべりしていた。教室に人が少ないことに疑問を感じた夏帆だったが、加藤さんは「今日は学食行ってる人が多いみたい」と返事した。一方、その学食では[[黒木智貴]]に絡んでいた[[吉田茉咲]]に向かって[[小宮山琴美]]が怒鳴ったことがきっかけとなって両者が睨み合うというちょっとした騒ぎになっていたが、その様子を友人達と観ていた[[南小陽]]は目を輝かせて「やれ!やっちゃえ!」と心の中で煽っていた。+[[喪133|前話]]で[[黒木智子]]達が学食にいる頃、[[3年5組]]の教室では[[加藤明日香]]と[[夏帆]]が昼食を摂りながらおしゃべりしていた。教室に人が少ないことに疑問を感じた夏帆だったが、加藤さんは「今日は学食行ってる人が多いみたい」と返事した。一方、その学食では[[黒木智貴]]に絡んでいた[[吉田茉咲]]に向かって[[小宮山琴美]]が怒鳴ったことがきっかけとなって両者が睨み合うというちょっとした騒ぎになっていたが、その様子を友人達と観ていた[[南小陽]]は目を輝かせて「やれ!やっちゃえ!」と心の中で煽っていた。
  
 我に返った小宮山さんは心の中で、智貴の前で怒鳴ってしまったことで自分のイメージが悪くなると感じ、目の前の吉田さんもめっちゃキレているので彼女の友人だと認識した智子達が止めてくれることを望んでいたが、智子は呆れ、[[伊藤光]]は状況がわからないために様子見を決め込み、[[根元陽菜]]から止めに入るのか尋ねられた[[岡田茜]]は小宮山さんが原因だと思いつつも、騒ぎが発展しそうになった場合に吉田さんに言うと根元さんに告げた。[[田中真子]]は騒ぎを止めようとして立ち上がるが、[[田村ゆり]]から智子をシメている時もやりすぎることはないから大丈夫だと告げられ、3人でよく一緒にいるからわかっているよねとゆりから振られた智子も一応同意する。こうして、結局誰も止めようとしない状況を無理もないと感じた小宮山さんは、野球で死球を与えた投手が帽子を取らない行為に例えながら非は自分にあると認め、吉田さんに素直に謝罪、略して素謝(後述)をしようと決めるが、実は智貴に良いイメージを与えたいという思惑もあった。 我に返った小宮山さんは心の中で、智貴の前で怒鳴ってしまったことで自分のイメージが悪くなると感じ、目の前の吉田さんもめっちゃキレているので彼女の友人だと認識した智子達が止めてくれることを望んでいたが、智子は呆れ、[[伊藤光]]は状況がわからないために様子見を決め込み、[[根元陽菜]]から止めに入るのか尋ねられた[[岡田茜]]は小宮山さんが原因だと思いつつも、騒ぎが発展しそうになった場合に吉田さんに言うと根元さんに告げた。[[田中真子]]は騒ぎを止めようとして立ち上がるが、[[田村ゆり]]から智子をシメている時もやりすぎることはないから大丈夫だと告げられ、3人でよく一緒にいるからわかっているよねとゆりから振られた智子も一応同意する。こうして、結局誰も止めようとしない状況を無理もないと感じた小宮山さんは、野球で死球を与えた投手が帽子を取らない行為に例えながら非は自分にあると認め、吉田さんに素直に謝罪、略して素謝(後述)をしようと決めるが、実は智貴に良いイメージを与えたいという思惑もあった。
ライン 30: ライン 30:
 [[南小陽]] [[南小陽]]
 [[内笑美莉]] [[内笑美莉]]
-[[夏帆]]+[[夏帆]]
 [[三家さん]] [[三家さん]]
 [[杏奈]] [[杏奈]]
喪134.txt · 最終更新: 2020/02/20 20:15 by mokonymous