ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪132

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
喪132 [2019/01/27 11:01]
mokonymous [基本情報] 収録巻を記載
喪132 [2019/06/01 00:07]
anonimo [補足]
ライン 57: ライン 57:
  
 智子は吉田さんにもキーホルダーを1つあげている。喪131から今回まであげたキーホルダーの数は花火の時うっちーに1つ、電車の中で加藤さんに2つ、吉田さんに1つの計4つとなる。キーホルダーは1袋3つ入りなので智子は最低でも2袋キーホルダーのセットを購入した事になる。 智子は吉田さんにもキーホルダーを1つあげている。喪131から今回まであげたキーホルダーの数は花火の時うっちーに1つ、電車の中で加藤さんに2つ、吉田さんに1つの計4つとなる。キーホルダーは1袋3つ入りなので智子は最低でも2袋キーホルダーのセットを購入した事になる。
 +
 +今回は雫から挨拶をしたがゆりは無視している。しかし[[喪157]]ではゆりは一人で昼食を取っている[[平沢雫]]に声をかけ、[[黒木智子]]が謹慎中で来れない旨を伝えている。
  
 ===== 研究ノート ===== ===== 研究ノート =====
喪132.txt · 最終更新: 2019/06/01 00:07 by anonimo