ユーザ用ツール

サイト用ツール


喪12

喪12

モテないし花火を見に行く

基本情報

収録巻 2巻
英題 I'm not popular, so I'll go see the fireworks.
ページ数 14

あらすじ

一学期終業式の日、ようやく夏休みに入り、学校【じこく】からしばらく解放されると考える智子であったが、その日は花火大会でもあった。昨年は成瀬優と行って楽しかったことを思い出し、一学期がこのようなシングルス(ぼっち)状態で終ってしまうのは良くないと、誰かを誘って花火を見たいと願い、その相手を探そうと図書室に向かう。

図書室には眼鏡の男子とかわいい女子1)がいた。自分から見ず知らずの男子を誘うのは無理なので、女子に狙いを定め、その女子が読んでいる本をきっかけとして話しかけようとするが、彼女は合コンに行く友人2)と待ち合わせをしているだけだった。

仕方なくもう一人の男子に狙いを変えるが、自分から話しかけることはできないため、「友人が花火に行けなくなった」という電話を偽装し、誘われようと仕掛けるが、男子は先に帰ってしまい、期待も虚しく学校を去ることになる。

かつて成瀬優と共に訪れた、3階建ての寂れたショッピングセンター「ヤングファッションセンターマルイ」の屋上に無断で立ち入り、独りで花火をみようするが、そこに二人組の男子中学生が現れる。仕方なく帰ろうとするが思いとどまり、ただ花火を見たかったのではなく、誰かと一緒に楽しい時を過ごしたかったと気づく。しかし、そこで智子が中学生たちと見たものは……。

対応するアニメのエピソード

登場人物

名言

よし!いた!社会不適合者が!(黒木智子)

そうだ… 私はただ花火が見たかったんじゃない… 誰かと一緒に同じものを見て 楽しい時を過ごしたかったんだ(同上)

補足

テレビアニメ版ではこの日は平成25年(2013年)7月20日の土曜日とされている(喪7「モテないし、夏休みを満喫する」伊志嶺潤の握手会である7月29日が夏休み9日目であるため。年については黒木智子の研究ノート参照)。

女子(ゆい)が読んでいる本『インストーレ』は綿矢りさインストール』。智子が読んでいる本『海辺のフカフカ』は村上春樹海辺のカフカ』。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 公式ファンブック 喪の原作のインタビューによれば、中学生時代に黒服を着て屋上に佇むイメージは、漫画『GANTZ』の主人公・玄野計から来ているとのこと。

外部リンク

1)
名前は「ゆい」。
2)
一人の名前は「りさ」だが、この二人の中に含まれているかどうかは不明。
喪12.txt · 最終更新: 2020/07/19 14:23 by zohias