英語版の漫画やアニメに寄せられたAmazon.comのレビューをいくつか翻訳しました

まず最初にお断りしておきますが、この記事はワタモテとはあまり関係ありません。サイト運営上の告知というか、要するに宣伝です。それでも構わないという方は私の駄文にしばらくお付き合いいただければ幸いです。

私はこのもこっちを見守る会とは別に、英語版の漫画やアニメを使って英語学習をしようというコンセプトのサイトを運営しているのですが、いくつかの作品の記事に Amazon.com に寄せられた海外の人々のレビューの翻訳を掲載しましたので、よろしければご覧になってください。ただ原文を下読みせずに逐文的に翻訳しているので、訳文が不自然な日本語になっている点はご容赦ください。

続きを読む

アンケートにご協力ありがとうございました

どうも、アニメ放送が終了してまったり更新モードに入っている管理人です。

このサイトではアニメ放送中、以前と比べて10倍近くも訪問者が増えました。それはそれでまあ嬉しい事ではあるのですが、これ幸いとその機に乗じて結構しつこいくらいの数のアンケートを実施していたので、今回その結果発表をしたいと思います。なおアンケートには4chanからやってくる海外のワタモテファンの人達にも協力してもらっています。

続きを読む

もうすぐサイト開設から1年になります

正確には7月10日で1周年なんですが、そのころにはアニメの放送が開始されたりしてそれどころじゃないと思うので、暇なうちに1年のまとめをしておきます。

私が初めて私モテを知ったのは2012年の1月だったと思います。ちょうど単行本第1巻が発売されたばかりの頃で、アマゾンを何気なく見ていてやたらと攻撃的なタイトルがふと目に留まりました。いろいろ調べてこの作品が海外の掲示板で非常に人気があるという事を知り、漫画やアニメを通じて英語の勉強をしていた私は、単行本を購入すると同時にその掲示板に入り浸るようになりました。

それからおよそ半年間、私のもこっちへの思いはもんもんと募るばかりでありました。そしてこの思いをどこかにぶちまけたい、誰かと分かち合いたい、という欲求にとうとう耐え切れなくなり、まったく後先考えずにこのサイトを作ってしまったのでした。サイト開設後のおおよその流れは運営日誌の他の投稿を読んでいただければ解っていただけると思います。

最近はアニメの放送が近いせいか、個人運営のファンサイトにしてはかなりの数の方がこのサイトを見てくれているようです。それもこれもひとえに私モテという作品の人気のおかげだと思っていますが、わずかでもその人気を盛り上げるお役に立てれば良いなと思いながらこれからもサイトを運営していくつもりです。

海外の反応カテゴリーを始めました

どうも、アニメに関する情報がなかなかでてこなくて暇を持て余しているサイト管理人です。

この度、新たなブログカテゴリーとして「私モテに対する海外の反応」というものを始めました。簡単に言うと 4chan のワタモテ関連スレッドから良さ気なレスを抜粋して日本語に翻訳してまとめていきます。

とりあえず試しに「私モテに対する4chanの一番最初の反応」という記事を作ってみたので興味のある方は読んでみてください。

この作品を海外の反応系のまとめブログで知ったという方も多いと思いますが、それをワタモテだけに特化した感じで何かの節目ごとにスレッドを選んでまとめて行こうと思っています。ただし私自身はいわゆるまとめ系のブログはほとんど読まないのであまり勝手が解りません。ですからそういうサイトを読み慣れた人にとっては読みにくい部分がたくさんあると思いますがどうか我慢してお付き合いください。

ちなみにこのサイトにも 英語専用の掲示板 がありますので、英語ができるという方はこちらも併せてご覧になってください。もちろん 日本語の掲示板 もあります。どちらも私のコメントばかりですけどね…

このサイトのバイリンガル化が進んでいる件

どうも、最近このサイトのバイリンガル化(日本語+英語)を着々と進めている管理人です。

これまでもこの運営日誌で何度か言ってきましたが、このサイトには日本人の訪問者の方以外に、海外からも訪問者がやってきてくれています。それはこのサイトではなく私モテという作品が海外で人気があるからなのですが、以前は全体のおよそ1割程度だった海外からの訪問者が、ここ1週間では全体の8割近くまで急増しています。特にアンケートページを設置した直後は、びっくりするくらいにアクセスが増えました。どうやらもこっちの声優の候補者の中にジョークで若本則夫さんを入れた事が彼らのハートを捉えたようです。

とまあそういう訳で最近海外からの訪問者が増えたわけですが、せっかく来てくれるのならサイトの他のページも見ていってもらおうと、中途半端ながらこのサイトのバイリンガル化を進めています。これにより日本の訪問者の方にはかえって見にくくなる面もあると思いますが、おいおい上手なやり方を模索していくつもりなのでどうか我慢してお付き合いください。

この私モテという作品が国内だけでなく海外の掲示板などで非常に人気があるというのは単行本の帯や、あるいは海外の反応系ブログを読んで知ってる方も多いと思います。しかしそうやって間接的にお互いの反応を見るのではなく、同じ作品のファンとして直接交流できるようなサイトがあっても面白いんじゃないかと思っています。それに加えて、まったく英語が読めないあるいは日本語が読めない人たちのために、面白いコメントがあったら翻訳して紹介したりするつもりでいます。

まあ個人運営のファンサイトなのであまり訪問者が増えすぎても困るという気持ちもあるのですが、今のところは訪問者が増えたと言っても微々たるものなので、もう少し掲示板やらコメント欄やらが盛り上がるようにしばらくがんばっていきたいと思います。